予防歯科とは?

世田谷北沢 下北沢駅前歯科クリニック 予防歯科とは?予防歯科とは虫歯や歯周病など病気になる前に予防しよう、という歯科治療です。
歯や口内をいつも健康に保つことを目的としています。

虫歯や歯周病の予防

検診
虫歯がないか、歯茎の状態はどうかなど、口内の状態を定期的にチェック
歯石取り
虫歯菌は歯石(食べ物のカスが固まったもの)の中にいて歯を溶かします。 また歯周病の原因ともなります。 その歯石を専門の器具を用いて除去していきます。
口内クリーニング(PMTC)
専門の器具を用いて歯の表面を徹底的に磨き上げることです。 歯石や歯垢がつきにくくなり、虫歯や歯周病の予防に大きな効果をがあります。
ブラッシング指導
予防歯科では自宅におけるホームケアを重要視しています。 ブラッシングは最も大切なものですが、大人でも正しいブラッシングができている人はあまりいません。 歯科衛生士や歯科医による指導で、適切なブラッシングを学びます。
フッ素塗布
歯が修復する働きを再石灰化といいますが、フッ素にはその働きをサポートする効果があります。 歯の表面にフッ素を塗布することで虫歯予防に大きな効果があります。
シーラント
子供の歯はでこぼこが多いため、歯ブラシが届きにくく、奥歯が虫歯になりやすいです。 シーラントはでこぼこを埋めることで汚れが溜まるのを防ぎます。

最も重要と言っても過言ではない予防歯科

世田谷北沢 下北沢駅前歯科クリニック 最も重要と言っても過言ではない予防歯科海外では歯並びや歯の健康状態は社会的ステータスとして認められていて、子供のうちから予防歯科を受けることが一般的です。

また海外で予防歯科が盛んなのは、虫歯や歯周病など歯が何かしらトラブルを抱えてからの治療にかかる治療費が高額になるという事情もあります。

日本は虫歯や歯周病になってから歯科医院を訪れて治療を受けても、保険証の範囲内ならば低価格で治療を受けることができます。

これは良いシステムですが、「歯は悪くなったら治療するもの」というイメージが根付く原因の一つにもなっていると言えるでしょう。
日本は「歯が健康なうちから歯医者に行く」というのは、馴染みがないかもしれません。

しかし三ヶ月から半年に一度ほど歯科医院を訪れ、歯石や歯垢を取るなどのメンテナンスを行うことで歯の健康状態を保つことができるようになります。

予防歯科の習慣がない方はこれを機に当院を訪れ、メンテナンスを受けるようにしてみましょう。